大分市ロケーションオフィス

とり天

 鶏肉の揚げ物と言えば、「唐揚げ」が代名詞ですが、大分では鶏肉を唐揚げ粉でなく天ぷらの衣で揚げる「とり天」がこよなく愛されています。

 調理法はいたってシンプル。一口大の鶏肉を醤油ベースのタレに漬け込み、天ぷらの衣をつけて揚げたものを、タレやソースをつけて食べるといった具合です。ポン酢でさっぱりと食すもよし、マヨネーズでこってりいただくもよし。ベースのとり天があっさりしているので、いろいろな味で楽しめます。

 その発祥については…1962年説、1953年説など諸説あり、大分市内の2店の定食屋が「元祖」として紹介されることが多いようです。

閉じる