大分市ロケーションオフィス

ざびえる

純和風の白餡にラムレーズンを練んだものを柔らかいビスケット生地で包み込んだ和洋折衷のお菓子。昭和37年の誕生以来、大分を代表する銘菓として不動の人気を誇る。名前の由来は、日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルの功績をたたえたもので、大分は戦国大名・大友宗麟の保護もあり、日本で最初にキリスト教文化が栄えた町でもありました。

多くの人に愛されてきた銘菓でしたが、平成12年に製造元が自己破産に陥ったため、味わうことができなくなってしまいました。そんな中、「ざびえる」を愛する元従業員たちが私財を投じて会社を起こし、ついに平成15年に見事に復活を遂げる。某テレビ番組に出演した大分市出身のユースケ・サンタマリアさんが、お土産として「ざびえる」を紹介したことから、その名が全国に知れ渡るようになりました。

閉じる